漫画ドメスティックを読んだ感想

漫画ドメスティックを読んだ後には、誰もがきっと別の誰かに感想を伝えたくなるでしょう。だけど内容が、衝撃過ぎて、感想を口にする事が出来ないかも知れません。幼い頃、父親から受けたキズのせいで、ある女性の中で生まれた心の闇。その女性の近所で、平穏だった日常を送っていただけなのに、パーティーで再会してしまった事で巻き込まれていくなんて。偶然の再会がきっかけとなり、その女性から逆恨みされてしまうなんて、どんどん漫画の世界に入り込んでいきました。人間の心の闇に引きずり込まれていく感覚。自分の力だけではとても防ぐことのできない怖さを感じました。身近にも、どこか心に闇を抱えている人がいたら私はどうするでしょう。漫画の題名にもなっている、ドメスティックには、家庭的な、家庭内のという事が含まれています。幼い頃に父親との関係が、深い親子の絆に包まれていたらと思うと心が切なくなってしまいました。漫画の世界に一気に引き込まれていく作品です。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

ツールバーへスキップ