さかたのり子傑作集を読んだ感想

前からこの人のファンだったので読めてよかったです。

この「さかたのり子傑作集」という短編集の漫画は全8話からなっていますが、どれもとても読みごたえがあって嬉しい作品です。

全て読み終わってみての感想は、「やっぱりいいなー。」です。

「さかたのり子傑作集」というからには、やはり彼女の個性が全面に出ている作品ばかりだったと思います。
絵も綺麗ですし、他の漫画家さんにはないような独特の雰囲気があります。

あまり話すとネタバレになってしまう可能性があるのであまり深くは言えませんが、ざっくりとした全体的な感想を書くなら、『ちょっとシリアスだったりコメディだったりする短編集で、それぞれいろいろな「愛」の形を表現している作品ですね。』ってところでしょうか。

この漫画家さんを知らない方でも、この人の独特の世界に引き込まれる事間違いなしです。

他にも色々と代表作があるので、たくさんの人に、まずこの傑作集を入り口にしてさかたワールドにどっぷりはまって欲しいです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

ツールバーへスキップ